Archive for the ‘リンパマッサージとは’ Category

リンパの流れが悪い理由

Posted by:info - Filed under: リンパマッサージとは -

みなさんは、普段からリンパマッサージをしていますか?
前回、リンパがどこにあるのかという記事で、リンパマッサージをする際のポイント「リンパ節」についてお話させていただきました。
リンパがきちんと流れていないと、身体がむくんでしまったり、セルライトの元になってしまったりします。
リンパマッサージを行うことによって、身体の中の毒素を身体の外に排出しているのです。
そのため、リンパを流すというのは、とても大切なことであるといえます。
しかし、なぜリンパはそんなにも流れが悪くなったりするのでしょうか。
リンパが正常に流れてくれていれば、リンパマッサージをする必要はなくなるのに……、と思いませんか?
リンパの流れが悪くなるには、もちろん理由があります。
でも、リンパの流れが悪くなる理由がわかれば、対策をすることも可能ですよね。
それでは、なぜリンパの流れが悪くなるのか、ご説明したいと思います。

まず、リンパの流れが悪くなる理由は大きく3つ考えることができます。

まずは、冷え性であるということ。
冷え性の人が、なぜ「寒い」と感じるのかと言えば、血液の循環が悪いから身体が暖まらないのです。
冬は防寒して、夏でもエアコンの冷風に気を使っているとは思いますが、血液の循環を良くするためには、外側から物理的に温かくする他、温かい飲み物などで身体の中から温める方法や、体温を上げる食事を意識してするなどの方法もあります。
身体を冷やす飲み物や食材は控えるように注意が必要です。
冷えは万病のもとです。
とくに、女性の身体にとって冷えは大敵です。
冷えているところには、脂肪がつきやすくなるので、セルライトになる可能性もあります。
一年通して、冷え対策は怠らないようにしましょう。

それから、運動不足もリンパの流れが悪くなる理由のひとつです。
血液であれば、心臓がポンプの役割をしてくれるため、身体を循環してくれますが、リンパ管にはポンプとなるものがありません。
そのため、リンパを流すためには、マッサージが効果的なのですが、他に骨格筋の伸縮などによってもポンプの代わりをしてくれます。
そのためには、筋肉が必要となります。
運動をすることによって、リンパ液のたまりやすいふくらはぎなどの下半身のリンパ液を循環させるように意識することが大切です。

ほかに、ストレスなどもリンパの流れが悪くなる理由のひとつです。
ストレスなんて精神的な問題ではないの?と思う人もいるかもしれません。
ストレスが溜まってしまうと、自律神経が乱れてしまいます。
自律神経が乱れると、身体のさまざまな調整機能が狂ってしまうのです。
自律神経は、血液の流れもコントロールしていますので、ストレスが溜まると血行が悪くなるなど、影響を受けるのです。